クレジットカード現金化と消費者金融の違いについて

クレジットカード現金化と消費者金融の違いって何?
どちらも急にお金が必要な時に、短時間でお金を用意する事が出来るサービスという点では同じです。
では消費者金融とクレジットカード現金化を比較して、その違いについて紹介します。

クレジットカード現金化の方が誰でも利用可能

消費者金融は、お金を借りる際に返済能力を確認するために、審査を行います。
審査では年収や借金の状況など様々な項目を確認し、審査に通らなければお金を借りる事は出来ません。
消費者金融も利息で収益を出しているとは言え、返済が滞り自己破産されてしまえば、回収をする事が出来なくなってしまいます。
そのため審査は消費者金融の収益を守るために、どうしても必要な事だと言えます。

対してクレジットカード現金化は審査を行っていません。
一応クレジットカードを作成する時に、簡易な審査は行われていて、年収によって限度額などが設けられています。
しかしながらクレジットカード現金化の業者自体は審査は一切行いません。

それで返済能力がない人だったり、消費者金融の審査に落ちた人にまでお金を貸してしまっても大丈夫なの?
そんなふうに思う人もいるかもしれません。
ですが業者の利益は、指定したキャッシュバック付きの商品をクレジットカード決済してもらった時点で確保されています。
利用者が返済するのはクレジットカード会社の請求に対してです。
そのため仮に返済が滞ったり、自己破産をしてしまったも、回収出来ずに困るのはクレジットカード会社であって、業者は全く損をする事がないからこそ、審査を行わず誰でも利用できるシステムが成立しているのです。

貸金業と古物商の違い

消費者金融は貸金業に基づき営業を行っています。
お金を貸して、利息をつけて返済してもらう、そしてこの利息によって利益が発生する訳です。
そして利息の上限も法律に基づき上限が決められていますし、他にも運営は全て法律の範囲内で行われています。

クレジットカード現金化も、業者からお金を借りているという意識で利用している人も多いかもしれません。
ですがあくまでも利用しているのは、クレジットカードのショッピング枠現金化です。
名目上はキャッシュバック付きの商品をクレジットカードで決済してもらい、それを業者が買取するという形になっています。
そのため古物商の法律に基づき運営されています。

なので利息に関する上限がなく、その他にも消費者金融とは異なる事が色々あるという訳です。

関連記事